FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サノバウィッチ レビュー ~イチャラブ的視点で見る~

サノバウィッチ レビュー ~イチャラブ的視点で見る~ 75点

 人気作品である本作を、僕が普通にレビューしても埋もれるだけでしょう。今回は「イチャラブ」一点に特化したレビューをお送りしたいと思います。先に結論からいうと、めぐるルートはイチャラブ特化作品並のイチャラブ傑作、特に後輩キャラ好きは是非買うべし。寧々ルートも僕は嫌いだけど人によってはいいと思います。他のルートには期待しない方がいいでしょう。なお僕はめぐるを攻略した時点で、他ヒロインを攻略する気がおきなくなったのでおまけ的立ち位置の和奏ルートはやっていません。それではレビューをどうぞ。

本文

 さて、まず「イチャラブ」とは何かということを書いておかなかればならないだろう。イチャラブという言葉の意味は使う人によって千差万別で、各人が自分のイチャラブというものを持っているだろう。僕にとってのイチャラブを説明することは難しいが、要は主人公とヒロインに感情移入してイチャイチャを一緒に楽しむことで、主人公とヒロインの恥ずかしさやら幸せやらといった感情を体験することに楽しみを見出しているのだと思う。いや自分の心の仕組みなんてよく分からないのでただの予想ではあるが、この仮説からどんなイチャラブシナリオが良いかをなんとなく言うことはできる。つまり主人公とヒロインに感情移入するために恋愛の過程を丁寧に描き、付き合った後は感情を強くストレートに表現してプレイヤーを悶えさせるようなシナリオが良いと思うのである。
 
 そこを理解してもらったところで、本作を語る上で重要な問題「イチャラブとシリアスの関係」について考えてみよう。イチャラブ派ゲーマーの中にはシリアスがあるだけでクソシナリオだという人もいる。僕はそうは思わないが、シリアス展開がイチャラブを台無しにするようなシナリオもままあるのは事実である。大事なのはシリアス展開がイチャラブの邪魔をしているか、それともイチャラブを増幅しているかではないだろうか。そして本作のシナリオも重いシリアスがあり、泣きゲー3原則(死ぬ、消える、忘れる)のような展開もある。それがイチャラブとどんな関係を結んでいたかって?……めぐる以外酷かった。(詳細はネタバレ感想で)
 
 では以上の理論武装を終えたところで個別のルートの出来を語っていこう。まず、程度の差はあるが、どのルートにもイチャイチャしているシーンが一定量含まれている。(作品全体の方針としてイチャラブを入れようとしたのだろうか)。それ自体はイチャラブゲーマーとして喜ばしいことではあるのだが、イチャイチャするシーンがあるからといってそれをイチャラブ的に楽しめるとは限らない。本作をイチャラブゲーだと言っている人がけっこういるが、僕にはめぐるルート以外をそう呼ぶことは到底出来ない。
 
 まず悪いルートから説明すると、紬ルートと先輩ルートはイチャラブゲーマーに喧嘩を売っているも同然の内容であった。確かにイチャイチャしてるシーンはある。問題はそこからのシリアスへの入り方で、ネタバレ故詳しくは説明できないが、イチャイチャしたシーンの後で、突然実はヒロインはイチャイチャしている間も◯◯で苦しんでいたといった事実が明かされるのだ。こっちはイチャイチャで幸せだったのになんだよコレ。僕は精神にダメージを負った。イチャラブの量自体もそれほど多くはないので、こういうのが許せない人はやらない方が幸せだと思う。別にシリアスを入れるなという訳ではないが、こういうイチャイチャを否定するようなシリアスは本当にやめて欲しい。
 
 寧々ルートはまあ評判がいいのも分かる。シリアスが勃発するまでは凄いシナリオだと思っていた。恋愛の過程が上手く、序盤からニヤニヤしっぱなしで、ヒロインの感情が伝わってきて、シリアスが収まった後にもイチャラブがあるのでイチャ量も多い。最初に書いた条件を満たした良いシナリオじゃないかと思うだろうが、僕はシナリオのある特殊なギミックに耐えられず、シリアス展開で主人公に対する感情移入を完全に破壊されてしまった。おかげでそれ以降少しも楽しめないばかりか、プレイするのが苦痛だった。とはいえ、あるギミックが気にならない人なら本ルートは良イチャラブといっていいと思われる。
 
 そしてめぐるルートである。噂ではかのイチャラブ神、保住圭が書いたらしいが、まさしくイチャラブシナリオの傑作である。まず、シリアス展開が中盤で終わり、そのあとはひたすらイチャイチャしているだけだから、他ルートのような惨状にはならない。また、もちろんイチャラブを否定するようなシリアスもない。それどころか本作のシナリオはむしろイチャイチャを強化するために作られているように思える。
 
 めぐるルートのシナリオをネタバレにならない範囲で説明すると、 
1、他人の感情を感じる力を持ったが故に人と深く関われない主人公と、過去のトラウマで人との関わりに臆病になっためぐるがなんだかんだで仲良くなる。(共通)
2、めぐるは主人公を同志と捉え、自分のトラウマを打ち明ける。
3、主人公がトラウマをなんやかんやする。
4、くっつく
5、ひたすらイチャイチャする

なんかすっごいクソシナリオに見える要約だが、ネタバレと説明の都合上こうなっただけで、実際はもっと複雑なシナリオなのでそこは誤解しないで欲しい。

 まず本作は最初に言ったような良いイチャラブシナリオの条件を全て満たしている。付き合うまでの過程は丁寧でニヤニヤでき、それ故に登場人物に感情移入できて、シナリオに余計なものは入らず(シリアスはめぐるのトラウマであるから、余計とは言えない)、シリアスに邪魔されず、付き合った後のイチャラブも安心の保住クオリティである。キャラクタ-としても気安くくっついてきたり、主人公のエロ発言に「うわセンパイサイテー」と言いながらなんだかんだで懐いていたり後輩キャラの王道を行っていて可愛い。
 
 特に素晴らしいのはやはり付き合った後だ。人懐っこい後輩だっためぐるが実は乙女で、あ~んすら恥ずかしくて出来なかったり、主人公の能力によるデリカシーの無さに怒って
「バカ、エロ、このマジトーヘンボクセンパイ!」
と顔を真っ赤にしながら怒るのがたいへん可愛い。更に凄いのがある程度そんなイチャラブを経た後の展開で、
主人公(能力でめぐるの感情を読むことに引け目を感じてきた(´・ω・`))
めぐる(先輩きっと能力のことで引け目感じてる)

主人公「そうだ思っていることを全てめぐるに言えば公平じゃん!」
めぐる「思ってること全部隠さないでいうから、ノーガードで殴り合おうぜ」
(※この解釈は僕の誇張と曲解を含みます)
こ の 発 想 は な か っ た。このライターは天才ですか。確かに感情をストレートに表現するイチャラブゲーが良いとは最初に書いたのだが。

 これ以降めぐるは自分の気持ちを常に口に出す用になる。イチャラブゲーの必殺技いわゆる2段デレである。こんな展開から始まるイチャラブ地獄
「くっつくのが一番、好きって気持ちを伝えられる気がするんですよね」
「ほら、センパイ、わかります?、えいえい、センパイ、センパイっ♪」
「センパイ、センパイっ、今日も大好きですよー♪」
そう、このシナリオのテーマ(コミュニュケーション)や設定、めぐるの深く付き合える相手が欲しいという願い、付き合う前のコミュ障同士のもどかしいやりとり、全てがこのイチャラブのためにあったのである。これぞまさに僕が望む理想のイチャラブシナリオのひとつの形とも言うべき作品だったと思う。


おまけ
多分共感されないサノバウィッチネタバレ感想
以下ネタバレ注意
まあ、ゆずだしとりあえず無難なシナリオと少しのイチャラブがあってエロが抜ければ良いか。そんな期待で買ってきたゲームでした。まさかめぐる以外のシナリオがピンポイントに僕の嫌いなところを突いてくるとは予想できなかったのです。

 そんなわけでまず紬ルートの感想を書こう。紬については、主観的には一番無害だが、客観的には一番ダメなシナリオという印象だ。実際このシナリオおかしいでしょう。紬が魔女になった理由があまりにも馬鹿すぎるし、主人公が代償払う展開も馬鹿すぎる。シナリオとしては、心の欠片、主人公の能力、紬の代償、アカギ、襲撃の犯人などなど、ギミックが多すぎてシナリオの軸となるべき紬の心情がないがしろにされているように思える。それでも紬の可愛さは一応出せているし、悪くないんじゃないかとも思えるが、ひとつ許せないところがある。それはもちろんイチャラブで、このシナリオはイチャラブを意識しているのか、イチャイチャしているシーンはそこそこある。しかしながら、あるシーンにおいてイチャイチャした後に紬が涙を流すシーンがあるのである。つまり紬は表面上はイチャイチャしながら、本当は寂しさとつらさを覚えていると。ふ ざ け る な。こんなんでイチャラブ入れた気になってるのかこのライターは。なんかとても煽られたような気分になりました。
 
 さて、今ので僕のことを心が狭い奴だと思ったかな。次にプレイした瞳子シナリオはもっと酷いから、今度は許してくれると思う。共通では瞳子のことはなんか何考えてるのかいまいちよく分からないヒロインだなという印象だった。そこで、主人公の能力が一度も瞳子に発動していないということが明かされて、おお気付かなかったと感心して、シナリオにも期待したのだが……。ま た で す よ。イチャイチャしてると思ったら、突然実は私記憶が薄れてきていて、あなたとの思い出を忘れていってるのときたもんだ。イチャイチャしている間も先輩は苦しんでいたのである。気づけるような伏線はほぼ無い。もう何なんだよこれやめてくれよと思いながら、廃人化した先輩を眺めていたが、追い打ちは問題解決後にやってきた。今明かされる衝撃の真実ぅ、先輩が何考えてるのかよく分からないのは、先輩の強い感情が魔法で消されているからでしたあ。ひ ど す ぎ る。魔法が解けて赤面する先輩はとても可愛いのに。なんでそんな先輩とイチャイチャ出来ないんですか。そもそもイチャラブというものは、抑えきれない程の強い愛やら恥ずかしさやらをノーガードでプレイヤーにぶつけてくるから楽しいのであって、そんなバカな設定があるかーー。
 
 このふたつのシナリオはアンチイチャラブシナリオを狙って作ったのではないかと疑ってしまうような有り様である。そもそも萌えゲーシナリオとしても、紬の代償や、先輩の正体といった設定がヒロインにとって害にしかなっていないのはどうなのか。叶えたくもない願いのために代償を取られるのはあまりにも理不尽すぎて、安い感動のためのご都合主義障害にしか見えないのである。(これは寧々ルートにも言えることだ。)代償がなくなって、女の子として幸せを満喫する紬が見たかったよ……。どうしてこうなった。
 
 寧々ルートに関してはまあ素晴らしいシナリオだという人もけっこういるし、僕も分からなくはない。まず例のシリアスが持ち上がるまでのシナリオは確かに素晴らしい。恋に悩む寧々の可愛さ、ニヤニヤせずには見れない初々しいふたりのやりとり、海道のかっこよさ、発情を絡めたエロ、そしてイチャイチャ。当たりシナリオだと思っていた。それで例のリセット展開になるわけだが、まず突っ込んでおくと寧々がタイムリープして、その世界で主人公の記憶が引き継がれたところで、元々の主人公とは別人だし、元世界の主人公が消えるわけではない。そこが気になったというのもあるし、悲劇的展開でいちゃらぶが中断されたからというのもあるのだが、ここで僕の主人公への感情移入が切れてしまった。イチャラブというのは主人公に感情移入出来ないと、なんかどうでもいい他人がイチャイチャしているようにしか見えなくなる。このシナリオはそれを分かっているのか、リセット前に少しずつ描写を積み上げていったのである。今まではとても可愛かった寧々に、リセット後のイチャラブではさっぱり萌えられないのが苦痛で仕方がなく、遂にスキップを使ってしまった。
 
 このあとめぐるシナリオをやって救われたのではあるが、ピンポイントに嫌いな展開を3ルート連続でやるのは辛かった。しかしちょっと貶し過ぎたところもあるかと思ったので、バランスをとって褒めておくと、まずキャラ造形がいいよね。寧々のオナニー自爆とかめぐるの人懐っこさとか可愛すぎる。共通ルートでは本作がかなり良作に見えたし、だからこそ購入したというところはある。ただ、可愛いキャラを作っておいて個別で何をやるのかというところで微妙なところがあったかなと。点数は75点にしたが、特にこの点数に根拠があるわけではなく、めぐるの素晴らしさと他ルートでの精神的ダメージを足した結果なんとなくこうなりました。
 
 最後にもうひとつバランスを取る意味で、めぐるシナリオに文句を言っておくと、まず最後のオチが強引過ぎる。設定的にもそうだし、主人公のもっとめぐるに気持ちを伝えたいという願いに切実さを感じない。ここまでイチャラブしておきながら何言ってるんだと。他の人も言っているが、ちーちゃん関係ももう少し何とかならんかったのか。表面上は「相手の気持ちを理解しようとするだけでなく、自分が気持ちを伝えていくことが大事」みたいな教条的テーマをやっておきながら、それを自分が告白出来ないから相手に告白させようとパンツを見せていく萌えシーンや、レビューで書いたノーガード戦術に繋げていく発想は萌えゲーシナリオの鑑だとは思う。

コメント

イチャラブ視点のレビューは基準が自分に近いと思ったので、他のもください

一部のルートが良いって知ってれば、値下がりしたときに買えるので……

Re: タイトルなし

> イチャラブ視点のレビューは基準が自分に近いと思ったので、他のもください
>
> 一部のルートが良いって知ってれば、値下がりしたときに買えるので……

コメントありがとうございます。元々このブログはイチャラブのレビューがしたくて作ったものなので、これからもやっていきます。とりあえず次は中二病な彼女の恋愛方程式のレビューをやろうと思っています。
非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。