FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱庭ロジック レビュー

箱庭ロジックレビュー 75点
このゲームはまあまあおもしろかったです。ミステリーアドベンチャーとして終始飽きずに読めるゲームでした。ヒロインの秘密、事件の真相といった謎どんどんを出していって、その謎を飽きさせないようにうまく伏線回収していました。ただ、面白く読めはするのですが、何か感動するとか印象に残るような特別盛り上がる場面は無かったですね。

ヒロインは可愛いのですが、個別ルートはどれも短く、恋愛過程やイチャラブはかなり不足していました。それでHシーンを一人4回入れるのだから、いきなり付き合ってHばかりしている印象はありますね。短いシナリオの中でヒロインを可愛く見せるようなうまいシーンは多かったので、もう少し頑張ってほしかったです。

箱庭というだけあって、シナリオはけっこう現実的な感じになっています。盛り上がりが無いシナリオも現実味を持たせた結果であり、多くの人が批判しているラストの盛り上がりの無さもその結果なのだと思います。

総評としては、シナリオは全体的に面白かったものの、ヒロイン一人一人の掘り下げや恋愛が弱く、エロゲっぽくない作品だと思います。現実的なシナリオも人を選ぶかと思います。ただ以下の様な考察長文を書けるくらいには考えさせる作品ではありました。以下の考察が妥当なのかとか(同じようなことを書いている人が殆どいない)、妥当だとしてそれが面白いのかはともかくとして。

……まあこんな感じ。ではこんなつまんないレビューはやめて楽しい考察タイムやろう。以下の考察を書くために以上のレビューを書きました。といっても萌えゲーマーの僕は考察記事とか書くのは初めてなので、あんまり面白いものは書けませんが。あとこじつけ注意。

以下の文章はガチネタバレなので、読むとゲームの楽しみを著しく損ないます。未クリアの方は読まないで下さい。

早速本作のテーマは何か考えてみる。まず、本作冒頭の主人公ボイス付きポエムを思い出して頂きたい。あれを本作のシステムを踏まえて解釈してみよう。まず人生の選択を道に例える。主人公はそれが道であることも確信できず、ただ歩いている。一方でそれを俯瞰しているプレイヤーから見ればその道の分岐は箱庭に見える。といったふうに解釈できそうだ。そう考えると、本作の狙いは主人公とプレイヤーの相違を利用して、箱庭=現実に対する何らかの考えを引き出すことにあるのではないか。ただ、ここで注意しておきたいのは、「箱庭」という言葉は本作ではふたつの意味で捉えられるということだ。(このことは既にErogameScapeでfoglandrainさんが指摘しておられる)一つはプレイヤーが見る選択の分岐の箱庭(フローチャートのこと)であって、これをメタ箱庭と呼ぶことにする。もうひとつは、主人公が住む箱庭都市であり、これを箱庭世界と呼ぶことにする。箱庭世界が現実を意識して作られていることは、ラスボスに対する霧架の決め台詞を見ても明らかである。そしてこのシビアなシナリオと世界観、厳しい現実というものの象徴として現れるのが、箱庭都市の陰謀ではないかと思う。主要人物は誰もが直接的、間接的に事件に関わっており、しかし誰もが事件を止めることができない。誰もが関わっており、誰もが変えたいと思っているが、変えられないもの。そういう象徴として現実が表現されているように思う。そしてそのような陰謀を止めるためには真実を見つけるしかないというのが本作の状況であった。そこで「真実」というものも重要なファクターである。「箱庭の物語」は真実を隠したために悲劇が起こる物語であった。でも主人公ポエム的には一番大事なのはやはり「選択」というテーマであると思う。
以上、「現実」、「真実」、「選択」といったワードが重要だと思いましたまる

もうちょっと具体的に考えてみる。例えば真奈ルートはどうだろうか。このルートは主人公からしてみればイチャイチャしまくりのハッピールートなのだが、プレイヤーから見ると敵側に協力するにようになるので、どこかハッピーエンドとは言えないようなところがある。また他のルートを見ると分かるように、真奈は絵里香の死に間接的に関与しているのである。このようなことを真奈はもちろん知らない。しかし犯罪的なことをしていることには気づいているし、誰かが死んでいるかもしれないことは想像できる。しかし真奈は自身の可哀想な境遇をもって、自分の仕事を仕方がないと正当化しているようなところがある。プレイヤーの方もまあそういう事情があるならと、真奈の行動を否定することはしないだろう。しかし真奈の鍵を使って先に進むと、真奈より更に酷い境遇(愛してくれる家族すらいない)の瑚子が被害にあうのを見ることになる。そうしてみると、鍵というシステムは真実を集めて先に進むためのものではなく、むしろ真実をあえて知らせないで、ルートを終えるまでは主人公と同じ立場にプレイヤーを立たせることで、真実を知った時にルートの内容を再考させるような作りになっているのではないか。(雫ルートにも同じようなことが言えるだろう。もっともこっちは献血をやめることになるのでむしろ良いエンドである。)
今までの話とあまり関係ないが、僕がこのルートで酷いと思ったのは、真奈が母親と同じことを繰り返していることである。
真奈「母親が騙されて詐欺して捕まったから、私は騙されて犯罪に加担して賠償金を稼ぐお^^」
いやいや頭弱すぎでしょう真奈さん。真面目な話、本作の「責任」というテーマに合っていて悪くない設定だと思うけど。(詳しくは後述)それによく考えると他のヒロインも同じようなことをしているのである。例えば過去に新に真実を隠して悲劇を起こし、本編でも新に隠し事をして疑われまくる霧架さん。人形として育てられるのが嫌だったが、学校でも神輿にされてしまう雫さん。まあこういうのはなかなかリアリティが出ていて面白い。人間同じ過ちを何度も繰り返すものだと思う。

次はりるルートに関して。りるは明らかに直接的に事件に関わっているのだが、それでいて何の罪もないことは明らかである。しかし、りる自身はどう感じているだろうか。りるエンドを見れば分かるようにりるは自分に罪と責任を感じている。頭の弱い真奈さんとは大違いである。(注、筆者は真奈が好きです。好きだからいじっているのです)同じように、霧架も直接的には罪を犯していないにも関わらず、先生の自殺に責任を感じている。ここはなかなか面白いところである。霧架が献血の真実を告げるところでの雫へのドSっぷりを思い出してみよう。霧架にしてみれば、例え何も知らなかったとしても、利用されていたとしても、真実を考えようともせずに利用されているのは罪なのである。雫に対してすらこれなんだから、もし頭の弱い(以下略)。

瑚子ルートはなかなか感動的な話なのだが、面白いのは瑚子の鍵を使って先に進むと、実は主人公のしたことって礼さんと同じなのではないか、という疑問が生じるところである。瑚子ルートでは、主人公は真実を知っているのにも関わらず、いたいけなりるにキックして湖子と箱庭都市から逃げ出す。しかもそれが霧架の捜査の妨害となっていて、霧架が事件を止めることはもはや不可能になっただろう。湖子というヒロインは一人だけ事件に関わっておらず、完全な被害者としての立ち位置のキャラクターである。親友は殺され、親に売られ、人格は歪んでそれでもいい子。可愛い。

そして、最後に霧架。真実に辿り着いたところで別に特別なエンドが待っているわけでもなく、悪が滅びるわけでもない。一応事件は終わりこれ以上被害者が出ることはないが、霧架自身は家族が犯罪者という不幸を背負うことになる。

以上から、本作のシナリオは箱庭世界の陰謀(=現実の象徴)に対する各登場人物の関わり方を描いたものだと言えるだろう。本作のメタ箱庭構造が示しているのは、主人公やヒロインがどんな選択をとろうと、それに対して罪や責任を感じていようといまいと、りるや瑚子のような被害者は確かに存在し続け、それを止めるには「真実」を見つけるしかない。しかしその「真実」は他のエンドを否定するような類のものではない。いくら真奈のしていることが間接的に人を殺しているといっても、それで真奈の行動を否定することはできないだろう。結局真奈エンドの方が霧架エンドより幸せそうなのだから。

本作のシナリオは確かに盛り上がりが無く、ルートの短さ故に各ヒロインの掘り下げも足りない。しかしながら、それはある程度作者側の狙いであったと思われる。盛り上がりがないのはリアリティを重視し、各エンドの扱いを均等にするためである。各ヒロインの掘り下げが足りないのは、それよりむしろ各ヒロインをシナリオ上に同配置するかを重視した結果だろう。そう考えると本作はメタ箱庭構造をうまく使って各ヒロインやルートを箱庭のように配置し、一つの現実のような箱庭世界を作り上げて、考えさせるシナリオになっていたと言えるだろう。

萌美?誰それ?知らない。

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。