FC2ブログ

CURE GIRL レビュー

CURE GIRL 74

Noesisが2011年に発売したコミュニケーション能力を向上させようADVです。
シナリオはかなり薄く、一応テーマはあるものの、起伏のないまったり睡眠展開に
耐えられる人でなければ、クリアは難しいでしょう。
しかしヒロインは全員可愛いので、体験版が気に入ったのなら購入して損はないでしょう。
個性的なヒロインを求める方にはおすすめしたいです。

1 グラフィック
CG枚数は3ヒロインが25枚ずつに、隠しヒロインプラス全員集合絵でさらに25枚
の計100枚です。それとは別にカットインがたくさんあります。
CGの質は、出来に差があるものの平均的には高いと思います。

2 構造
このゲームはプロローグの後、共通で恋愛SLG的なゲームを行い、
その後普通の個別シナリオになっていきます。
どちらもヒロインとの1対1会話が中心であり、
ヒロイン同士の絡みはほとんどありません。

3√終わらせると隠しヒロインの√が出てきます。
これにはSLG部分はありませんが、そこそこのボリュームはあります。

3 共通
まあ、ゲーム性はダメであると言ってしまって良いでしょう。
セーブアンドロードしないと、まずクリアできませんし、
逆にセーブアンドロードすれば、簡単にクリアできてしまいます。
期間も4週間と長く、退屈です。

ただ個人的にはけっこう楽しむことが出来ました。
どこがと言われると答えにくいですが、
体験版をやって、ヒロインと会話するだけで楽しいと思えるなら悪くないでしょう。

4 個別
長いSLGを越えて、さあやっと面白いシナリオが読める!と思わないでください。
残念ながら個別も全体的にまったり睡眠テキストで、起伏も事件もあまりありません。
OPから、なにかネット社会がテーマのシナリオを期待するかもしれませんが、
その要素は隠しルートに少しある程度です。

基本的にはダメ人間である主人公とヒロインが、ダメ恋愛をしながら夏休みを過ごして、
最後になにやら成長したようなそうでないような、という感じのシナリオです。
一方隠しルートでは、このゲームのテーマが語られますが、やっぱりどのルートも
全体を通してダメ人間のダメ恋愛をダラダラ語っていた感じです。
そんなダメ日常を楽しめるのなら、かなりおすすめしたいところです。
感動とか衝撃とか、そういうのは求めないでください。

ある種イチャラブゲーに近いところがありますが、
なにしろダメ恋愛なので、わかりやすいイチャラブはほとんどありません。
バカップルでも無く、いたって普通のダメカップルです。

5 テキスト
流行りのクロシェットやゆずのようなテンションの高い掛け合いは無く、
どちらかと言うと会話も地の文もリアルよりです。
テキストは丁寧なのですが、エロネタと食べ物ネタがかなり多いのは人を選ぶかもしれません。
過去作のパロディも散りばめられているようです。
ライターの実力自体は高いと思います。

6 キャラ別感想
やっとこのゲームを褒めることができます。今まで書いたような特徴は、
結局キャラが魅力的でなければ、ただのゴミになってしまいます。
ですが、このゲームのヒロインは非常に魅力的なのです。
しかも個性的でもあります。

古都音
体験版時点でバレバレなのでバラしてしまいますが、彼女は腐女子です。
腐女子を隠している、完璧だがどこか可愛いところのある先輩キャラなのですが、
このライターは腐女子という設定をうまく萌え要素に転換しています。
SLG部分では、腐女子を隠そうとするも、すぐ馬脚を表してしまい
暴走して、うろたえる先輩がとても可愛いです。
個別では、腐女子バレして開き直り、主人公を振り回してきます。
ギャグ的にも美味しいので、腐女子属性がメジャーになる日も来るかもしれません。

総じて先輩の子供っぽさのギャップをかなりうまく使っています。
会話のテキストも「だって~だもん」とか「うん」とかをうまく使って可愛いです。
印象的な場面での「ばいばい」が凄く良かったです。

声優もうまく、大人っぽい先輩演技と、子供っぽい腐女子演技の演じ分けが絶妙です。

と、褒めたのですが、シナリオは全体的に統一感がなく、
このゲームの中で一番出来が悪いのが残念です。
余談ですが、ラーメンが好きというSLG会話の伏線にはとても笑わされました。


・美悠
他の二人に比べていまいちパンチが足りないように思います。
シナリオも最初から好感度が高いので変化が少なく、一番退屈に仕上がっています。

とはいえ、可愛くないわけではありません。
しかもエロいです。

・怜菜
僕が一番好きなキャラです。
デレないコミュ不全不機嫌ツンデレ後輩キャラなのですが、とても萌えます。
最初は「死ね」とか「最悪」とかばかり言ってくるヒロインが、
SLGを通して「また明日」とか言ってくるようになるのは、シンプルに良いです。
共通に入って告白し、「そういうの、よくわかんない」と言われつつも、
夏休みを一緒に過ごすことになります。

しかし、個別に入ってHしても玲奈の態度は大して変わらず、
今までどおり「あ、そ」とか「ん」が多い会話が続くのみで、
イチャラブなどほとんどありません。
ひたすら家に入り浸る玲奈と、ローテンションな会話を繰り返すのみです。

しかし、表面上は主人公のことを好きでないと言いつつも、
怜菜は主人公にかなり依存しており、
それなのに素直になれず主人公にぞんざいな態度を取り続けるあたり、
これはかなりのダメ恋愛なのです。
そんなダメコミュニケーションを取りつつ、
ダラダラとした夏休みの日常が繰り広げられる様は
この世のダメ天国であるといっても過言ではないでしょう。

シナリオも3つのなかでは割りと良かったかと思います。

・隠しヒロイン
隠し故多くは語りませんが、とりあえず世間ではそこそこ人気があるようです。
シナリオも割りと良い感じかと思います。
ラストとテーマも、3√の積み重ねもあって説得力のあるものになっていました。

7 エロ
隠し含め、各ヒロイン6シーンずつで、HCGは17枚ずつぐらいです。(隠しヒロインは15枚)。
素股、水中フェラ等、なかなかマニアックなシチュも幾つかあります。
また、メイン3ヒロインにはBADEND扱いでレイプが1シーンずつあります。
これは、恋人になった後に行われますが、結構鬼畜なので苦手な人は注意しましょう。

テキストは女性ライター故か、どちらかと言えば薄いほうです。
特にフェラは評判が悪いようですし、卑語もありません。
ただ、声優の名演技と高品質なCGのおかげで、総合的には割りと抜けると思います。
特にレイプは、恋人になった後というシチュと女性的感性で、
かなり背徳的なシーンになっています。抜いた後に罪悪感に苛まれましたけど。

コメント

非公開コメント