FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汐見崎学園演劇部 恋ぷれ ~あなたといちゃいちゃろーるぷれいんぐ!~ レビュー

恋ぷれ 75
2010年Meteorが発売した萌えゲーです。
3ヒロインなのにフルプライスというアレなゲームです。
後にPrincess-Styleという地雷を制作してしまうMeteorの
危うさの片鱗を見せるようなゲームです。
長くてつまらん共通ルート、不評の妹ここあルート、
賛否両論の部長瀬那ルート、大好評のメイド鮎香さんルートで
構成されています。
タイトルどおり鮎香さんにはイチャラブを期待していいと思われます。
また、鮎香さんはさいろーなのでエロも当然完備しています。
同級生メイドという属性に惹かれたならプレイして
損はないかと思われます。

1CG システム
CGは79枚、少ないですね。質も妹を書いた方は結構悪いです。
逆に桜沢いづみさんはなかなか素晴らしいです。
システムはクリック時音声続行不可が痛いです。

2各ルートレビュー
共通
これを体験板にして売れると思ったんでしょうか。
さいろーが書いている部分はマシですが、他は酷いです。
まず主人公の心理描写が少ないくせに、不自然な行動を
するのがイライラします。
またプレイヤーが疑問に思うだろうプロットの不自然な部分を
ほとんど無視していきます。
はっきりいって文章力が低いです。
親友キャラがホモだというのも誰が得をするのでしょうか。

ここあルート
共通ルートの問題点を引きずっています。
しかも萌えません。
はっきりいってライターの実力不足でしょう。
恋ぷれという題材の料理に失敗しています。

瀬那ルート
賛否両論のルートです。
私はあまり楽しめなかったのですが、
イチャラブバカップル分は結構あるので、
肯定派のことも理解できます。
ややシナリオが強引だったかと。
とある理由でいきなりくっついてしまうのですが
もう少し仲良くなっていく過程が見たかったです。


鮎香ルート
このルートの恐ろしさを解説する前に、
まず恋ぷれとは何か説明しておきます。
恋ぷれとは、演劇の練習という口実で、主人公とヒロインが
ラブ脚本の通りに日常を過ごすというものです。
この設定にユーザーは
「よし!これで付き合う前も後もイチャラブできるな俺得!」
ぐらいのことを思っていたでしょうが、結局その通りにやってくれたのは
このルートだけでした。(部長ルートの部長は付き合う前は
演技で恋ぷれをこなしてしまうため)

さて共通ルートでは寮ではクールなメイド、学校では
明るいクラスメイトな鮎香さんと、新婚恋ぷれをすることになります。
この過程で鮎香さんと仲良くなっていき、誰もいない砂浜で、
主人公はメイドでも、演技でもない本当の鮎香さんを垣間見ます。

個別ルートに入ると素直になれない幼馴染のふたりという恋ぷれを
演じることになります。
その過程で主人公は鮎香さんの素顔を知り、擬似恋愛はいつの間にか
本当の恋愛に変わっていく……という設定から必然的に導き出される
プロットなのですが、これの出来がかなり良く、ニヤニヤしっぱなしで
見ることができます。そしてあるイベントから怒涛のHシーン&イチャラブに
突入します。
そして、仕事と恋の両立に悩む鮎香さん、果たして鮎香さんの出した結論とは?


恋人になった途端ダメ&エロになる鮎香さんが可愛いです。
ギャップ萌えの勝利ですね。

3Hシーン
瀬那、ここあ、鮎香 6、5、6です
鮎香さんのHCGは13枚!しかも表情の書き方がエロいです。
しかも受けシチュ好きを満足させる、甘々手コキ責めと
髪をセットしながらのおざなりフェラ搭載。
特に後者はおざなり属性という新たな属性に目覚めさせられました。
攻めシチュ的にはクリア後のおまけHシーンは
個人的には萌えゲーの中では最高クラスのエロさと独創性でした。
エロの傾向はいつものさいろーです。
ってこれじゃレビューになってないか。
ハチミツの方ははダメゲーなのでこれで済ませてしまいましたが、
さいろーを知らない人は下の考察をお読みください。
なお今回アナルSEXはありません。かわりにフェラが多いです。

4あとがき

シナリオ考察
ハチミツ乙女と連続でやったらさいろーのシナリオ傾向が少しわかりました。
主人公と違う価値観、世界観を持った少女に惹かれていき
そして最後に主人公がどう変わるのか…というのがテンプレートですね。
(例えば穂波 ななみ 小波 等 …全部なみだな……)
今回のオチはそう考えるとなかなかおもしろいと思えました。

しかしそう考えるとほなにーが最強ということになってしまうような……
あれはお互いの価値観の変化と惹かれ合っていく様子がよく書かれていましたから。
まあほなにーはシナリオが長いのもあります。
わたしがやっていないさいろーゲーも多いですしなんともいえません。
特に今度さいろーが企画に入っているゲームが出るようなので、
それに期待したいです。

Hシーン考察
さいろーのHシーンは女の子が異常にエロいのが特徴で
以下の3種のシチュが多いです。

1前戯
特に処女時のフェラ、手コキなどが多い印象があります。
ここでおちんちんかわいいなどヒロインが発言したりして、
ヒロインのエロさが印象づけられます。エロいです。

2受けシチュ
エロいヒロインが主人公をフェラ、手コキで攻めてきます。
言葉責めをしてきてMも歓喜します。
このあと逆襲でイカセまくるのが多いのが、我々と相容れないところです。

3アナルSEX 本番
特にアナルが多いです。
後半にエロさが最高潮に達したヒロインと絶頂しまくります。
最後の方には、ヒロインが乱れすぎてエロエロ過ぎて1週しちゃった
ようなことを口走るのが特徴です。卑語も多いです。

こうしてみると、女の子がエロいところと2で、みけたんに少し似ていますね
余談ですがさいろーの「つーん」が大好きです。今作にもおまけHにあります。

さいろーを語ってみましたがわたしのプレイしたのは
ゆのはな しろくま ドラクリオット ハチミツ乙女 恋ぷれ
のみです。あとにゃー様も読みました。
やってないので有名なのはクロポ、カミカゼ、のーぶるあたりでしょうか。
あとはさいろーのエロ小説群も読まなければなりません。


コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。