FC2ブログ

妹スマイル 75

妹スマイル 75
しとろんソフトが2009年に発売したALL妹ゲー妹スマイルのレビューです。
なんとこのたび、次々回作妹スパイラルが発表されました。
やったーーーーーーーーーーーーーーーー
75点のゲームに何喜んでるんだと思うかもしれませんが、
原画が違う次回作妹スタイルは85点つけてもいいくらいの作品です。
しかし、今回は妹スマイルのレビューを行います。
このゲームは突然生き別れの初対面妹が訪ねてくるという設定の
個性的な構成のゲームです(詳しくは後述)。
ルート毎に出来の差があるものの、妹との幸せ家族生活を
萌え萌えに描いた良作です。Hシーンも多いです。
イチャラブバカップル好きならおすすめです。


1原画 システム 音楽
雛祭さんの原画は安定しないイメージがあるもののなかなか可愛いです。
女原画らしく、ち◯ぽがうまく書けていないのも萌えです。
システムはクリック時ボイス続行がないのが悲しいです
クイックロード時に確認がないのも酷いです
後者は妹スタでも直っていないようです……
音楽は主題歌がいいですね。BGMは普通です。

2構造
良くも悪くもこのゲームを特徴付けているのがルート構造です。
ゲームが始まって3分で、ルート決定選択肢が出ます
3分の間に主人公は妹達と路上ですれ違うのみです
そして、選択すると、選択した妹が訪ねてきて、
他の妹はいなかったことになります。
それどころか、主人公の設定もルートによって変わります
一種のオムニバスでしょうか……
さらに選択肢は他には中外出し以外には一切でてきません。
ついでにいうなら名前付きのサブキャラは一切いません。
Hシーンはひとり9、10シーンです。

さて、以上のことをまとめると、このゲームには
主人公と選択された妹以外のキャラは一切出てこないのだから
ライターは
主人公のモノローグ
妹視点時のモノローグ
主人公と妹の会話
モブとの会話
の4つのことしか書くことができません
またHシーンが多いため物語序盤で主人公と妹は
結ばれなければなりません
しかし基本的に主人公と妹は初対面なわけですから
序盤からHするわけがないし、したとしても
その後の物語はどうするのかという問題があります
はい、ライター死んだ(笑)
6人もこの状況で書かなければならないとは……
さて二人のライター達はこの逆境をどう乗り越えたのか?
個別に見ていきましょう

3ルート別シナリオ
今作はルート毎の差が激しいのでアルファベットで
簡易的な個別評価を行います。Aのほうが高評価です

1春菜ルート E 正統派おとなし不幸妹
まず上記の問題を何も考えずに書いたらどうなるか
みてみましょう。
このルートがまさにそれで、結ばれるまでの過程は
まあ許すとしても、そのあと4コマ漫画のような
ブツ切りの日常シーンとHシーンを垂れ流し、
最後にはとってつけすぎて、( ゚д゚)ポカーンなオチで〆る。
主人公にも違和感があるし、これははっきりダメでしょう。
みなさんはやらなくてもいいと思います。

2冬霞ルート C お兄さま系おしとやかお嬢様妹
こちらは同じライターのようですが、なかなか良いです。
まず私実はHなの展開でHしちゃって、そのあとの日常描写も
兄妹の絆がだんだん深まっていくような方向性を保ちつつ、
まったりした日常描写とワンパターンなHシーンを続け、
最後には王道オチで家族で恋人な絆を表現してみる。
ちょっとキャラがテンプレ気味なのは残念ですが、
お兄様系が好きならば萌えられるかと。

多分ここからライターが変わります。
残りの4妹を書いた海原氏は前作「みここ」のジャンル名
「いちゃいちゃしてるまに奇跡が起こっちゃうADV」
に象徴されるように、ギャグとイチャラブに満ちた日常描写で
主人公とヒロインの関係の変化を描きつつ、それを
テーマにしてシナリオに仕立てちゃうのが得意なライターです。
つまり春菜ルートのような( ゚д゚)ポカーンな誰得無駄シリアスオチとは
無縁というわけです。
ちなみに今作は「お兄ちゃんが妹を幸せにしちゃうADV」ですが、
その通り生き別れになった妹と主人公が最初はお互い馬が合わなくても
あれこれありながらお互いにとって最良の関係を見つけ、
家族で恋人になって妹を幸せにしちゃうのはどのルートも変わりません。
「妹」という関係自体が今作のテーマなわけです。

3暦ルート C 電波系ミステリアス妹
とはいえこのルートはちょっと。なんで主人公とすぐHするのかという
構造上の問題を2で語りましたね。
答え → 前世で兄妹で恋人だったから
えええええええええええええええ
スタッフの過去作、どこいつの同名キャラの来世なわけですが、
やってねーよ!
別にわからなくても問題無いように作ってありますが、
気になって海原テキストの機微を見落として意味不明に
なりました。
オカルトネタは多いが投げっぱなしなのも辛いです。
テーマはあったようななかったような……

4詩季ルート 微ツンオタ金髪妹 B
遂にHシーンまでの過程が適当なキャラが出てしまいました。
詩季が主人公のことを好きになる過程が描けていません。
主人公と詩季が仲良くなっていくのが主人公のオタ化という
ものすごい分かりやすさで語られているのはグッドです。
最後のオチも綺麗にまとまっています。
ツンオタ妹とぬるくだんだん仲良くなりながらオタにはまっていき
パロネタだらけの会話を繰り広げたい!という人におすすめ。
最初は他人だった妹と気安くオタオタしているのは、なかなか
ギャップがあってよろしいです。
それにしても満足さんネタが来るとは……
前作で押しかけ厨ネタが来た時くらい驚いた

5秋穂ルート ロリエロ元気バカマセ妹 A
構造が問題ならその構造自体を変える!
というわけでこのルートの兄妹はわりと最近までいっしょにいたので
好感度MAX、それどころか当時はHの直前までいっています。
これで問題も解決で初H後はみここのようなバカギャグイチャラブが
てんこもりです。そのなかで、兄妹の家族のやり直しと、秋穂の成長、
二人の関係の変化が語られていきます。
妹としても、恋人としても(ロリ的に)バカ可愛いキャラです。
以外に頭がいいのも萌えです。理科の成績が98点なあたり、
ライターは頭のいいバカを狙ってやっているのでしょうね。
流石です。

6夏希ルート バカツンデレお嬢様妹 S
この構造を逆用してシナリオギミックとして消化してくれる妹が遂に現れました。
初Hの理由はちょっと無理やりな感もないではないですが、
シナリオとして面白いので良しです。
そのあと二人の関係があれこれありながら縮まっていて
家族そして恋人になる過程がギャグ混じりに鮮やかに描かれています
そして、その後はイチャイチャバカップル炸裂!
萌え死にます。
そしてラストに兄妹は◯◯と対決することになるのだが……
良いオチの付け方ですね。
シナリオ、良いですね、序盤、中盤、終盤隙がないと思います。
でもイチャラブ分やギャグ分も負けていません。
文句のつけようのない出来で、これぞ海原といったところです。

全てのルートで主人公と初対面の妹が(秋穂以外)家族になって、
最後に最高に幸せになる、心温まるお話です。
妹が好きな人はやらなきゃ損ですよ


4Hシーン
合計57シーンもあるんだから語りますか。
海原側はキャラに萌えれば十分抜けますが、尺がやや短いのと、
キャラ間のHシーンの差別化ができていないのが気になります。
シチュも妹間で被りまくっているのが残念です。
もっといえばキャラ単位で見てもあんまり差別化できていませんが。
萌えゲーとしては標準的なテキストかと思います。
たまにネタが入ります。

5あとがき
発売後しとろんソフトは解散、その後妹スタイルが作られますがこれは
A E S A B
くらいの出来で平均的には今作を遥に上回りました。
妹スパイラルはALL A以上くらいでしょうか。いまから楽しみです。
とはいえ今作もなかなかです。体験版をやって夏希を好きになったのならやって
損はないでしょう。推奨攻略順は出来の悪い順です。私が美味しい物を最後に残すのが
好きなだけですが。ただし春菜はやらなくていいかと。
インストールに5.1GB必要なので注意しましょう。
あとディスクレス不可。

コメント

非公開コメント