FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログの方針を転換して、低頻度更新になります。

理由としては
(1)本業に集中したい。
(2)自分のレビューに対する理想が高くなってきて、出来の悪いレビューでは満足できなくなった。

レビューって実は時間かかるんですよー。他の人はどうなのかわからないけど。
今までは毎月更新を目指していましたが、これからはまあブログ名通り気楽にやろうと思います。
今後のレビューは
(1)かなりどうでもいい作品(さらっと書けるから)
(2)愛しすぎた作品(コスト度外視で書けるから)
(3)誰もレビューを書かない作品(ボランティア精神的な感じで)
が中心になると思いますです。
ちなみにエロゲ自体は今までと変わらないペースでやると思います。
またTwitterで簡単な感想をつぶやくことはあると思います。そちらはよろしくお願いします。

なお本業が一段落して、僕のレビュー力が上がり良いレビューが簡単に書けるようになれば、高頻度更新に戻る(元々そこまで高頻度でもないですが)と思います。

またこれに伴いいくつかのレビューを削除しました。

twitter始めました

この度twitterを始めてみました。
このブログにも貼り付けてありますね。(左下)
このブログを読んで、レビューが気に入ったり、
僕と趣味嗜好が似ていると感じる方が、
もしいらっしゃったら、フォローしてみて下さい。

エロゲオタの知り合いとか、リアルにもネットにもいないので、
ちょっと困っていたりします。まあその知り合いを作るための
twitterではあるのですが……。どうすればいいのかよくわからないので。

というかまだ何をつぶやくか決めてなかったりする。
エロゲ関連であることは確実だが、レビューはブログに書くので、
簡単な感想とか、体験版の簡易レビューとか、たんなるつぶやきとか
になるのだろうか。
まあ、もしフォローしてウザかったら、ブロック?かなんかしてください。

11月分エロゲ着弾

otome
割れ厨だと思われるかもしれないのでたまには写真でも。随分小さいパッケージだなあ……

というわけでオトメスイッチとVBG(右上)を買ってみました。
今回は催眠CDが欲しかったのでオフィ通で買いましたが、こんなでかい特典を店頭で買ってたらと思うと……
いや紙袋があるのかな……。
通販のダンボールも無駄に大きいです。あと送り主が株式会社ラッセルになってたので
分かる人には何を買ったのか分かってしまいますね。いやあねいもの方の可能性もありますか。
そしてパンツがまた一つ増えてしまいました

VBGの方は節約して駿河屋で買ってみました。だって2,500円安いんですよ。
予約特典は表記が無いので付かないかと思っていましたが、ちゃんと付いてきて良かったです。

とりあえず早く終るオトメスイッチの方をやってレビュー書こうと思っていますが、
VBGの誘惑が……。VBGに一度ハマったらすぐには帰ってこれない気がします。

もんむす・くえすと! 終章 ~負ければ妖女に犯される~ 感想

いい加減この一週間レビューに疲れたので感想を書くに留めておく。
まあぶっちゃけ性癖が合う人は買う、そうでなければ買わないというゲームだし。
しかしMの人は名前くらいは知っているゲームだろう。
Mじゃない人はこの記事を読む必要はない。

とはいえ未プレイの人もいるかもしれないので、紹介も兼ねて
僕ともんむす・くえすとの出会いを語ろう。
あれは2011年の春のことだった。当時僕はM系の抜きゲーにはまっており、
抜きゲーでは受け、M系のゲームしか買わないという有様だった。
当時のもんくえの高い評判を発売前だか直後だかにどこかで知った僕は
早速体験版を落としてプレイしてみたのだ。
最初のHシーンはスライムでこのときは別に大したことないゲームだと
思っていたのだが、その次のHシーンは僕に強い衝撃を与えた。
そのシーンはあのアリスに尻尾で搾精されるシーンである。
未プレイの人のために言っておくと尻尾で搾精といっても
エロゲによくあるような尻尾コキではなく、
尻尾の先っぽにオナホのような搾精口がついていて、
そこに性器を入れられて精液を搾り取られるのである。
(公式HPのメインキャラ紹介にサンプルCGがある)
一般的にも当時の僕的にもまるで異常なシチュエーションであったが、
何故か僕はそのシーンで3発抜いていた。
そんな訳で僕はもんむす属性を植え付けられてしまったのだった。

まあ何が言いたいのかいうと、Mの人はやってみれば
意外に新たな性癖に目覚めるかもしれないよということなのだが、
まあエルフとかサキュバスとかほとんど人間に近いようなキャラも
少なくないし、目覚めなくてもある程度満足はできるのではないか。
特に今のようなMシチュ冬の時代にはこのような良作を見過ごす手はない。
肌の色が違う人型のもんむすぐらいまで許容できそうなら間違いなくおすすめである。
受け、逆レイプが好きな人は是非買うべきである。
狭義でのMシチュはあまり無いからそこは注意して頂きたい。

そんなわけでDLSiteの購入履歴を見ると発売3日後には
前章をダウンロードしていたらしい。
本編でもクモ娘やらソンビ娘で抜いて新たな性癖を植え付けられて
たいへん満足だったのだが、当時は絵もシナリオも批判する人が
少なくなかったのを覚えている。
僕も一部の絵はエロくも可愛くもないと思っていたし、
シナリオも主人公が向こう見ずな上に厨二なところが、
受け入れられない部分もあった。

ところが8ヶ月の時を経て発売された中章は
絵師は拡充され、ボリュームも前章を格段に超え、
厨二っぽかったシナリオは熱い王道シナリオに昇華されていた。
この中章でこのゲームはもはや他のゲームが及ばないところまで
たどり着いてしまったといえるだろう。
過去にも未来にも同じようなコンセプトでこのゲームを超える
ようなものは現れないだろう。
(まあそもそも同じようなコンセプトのゲーム自体なかなか出ないだろう)

そして遂に終章が発売された。
ゆめこい、いもぱら2のレビューを書き終わってからは
僕はほぼ毎日このゲームで抜いている。
シナリオも中章で広げた風呂敷をうまく畳み、
王道でありながら最後の最後まで展開は読ませない。
異種族との共存がそんなにあっさり出来過ぎているというような
シナリオの粗もあるのだが、ゲームのシナリオとしては最高である。
設定とレベルのインフレのせいか、ゲーム性はやや大味になってしまったが
RPG終盤っぽい無双が出来て気持ちよくもある。
エロのバリエーションも新絵師のおかげか結構増えているし、
ボリュームも過去最高である。
エンディングではファンサービスも欠かしていない。

前章、中章、終章とクオリティがアップしていくのは
他のシリーズ作品などを考えてもなかなかできることではない。
本当に良いシリーズだった。


ぜったいセクロワ、euphoriaの感想など雑記

1ヶ月に1度は記事を書かないと広告が出るのでなんか適当に。

dl siteが半額セールをやっていたので色々買ってみた。
euphoria セクロワ セリカ1を買って9200円はお得ですね。

とりあえずセクロワをプレイしてみた。
前作性器の大発明は一部シーンの尺が短く酷評したが、今回は……
って妹ルートをプレイしたら更にひどくなってる!?
このルート全て尺が短い上にキャラもハリボテだしこれは酷すぎる。
その後金髪ロリルートをプレイしたら上記の欠点はややマシになってはいたが
今度はシーンのワンパターンが気になってきた。
その点今月のいもぱら2は体験版やる限り日常キャラ描写も強化されているし、
シーンも色々詰め込んでそうで期待できるなあ……。
やっぱり僕はエロプロデューサーについて行こう。
このゲームも原画は良いし、アニメではむしろ勝ってるんだがなあ……
と、思いながらメインのお嬢様をやってみたら、こっちはすごかった。
キャラも頑張ってるし、エロテキストも描写が濃い上に
ノリノリでほのぼのレイプ感が出ていていい。
前作のくうきはバカ設定が強すぎて100%楽しめなかったが、
今回はこのメインライターの良さを楽しめました。
この人だけ他のメーカーに流出しないかなあ……
で、調べてみるとnexton系列の新作にクレジットされてるじゃないの。
これは7月のアクマでオシオキっにも期待できるかも……。
と宣伝でキリがいいので終わり。続きは多分書かない

と、思ったけど沙織ルートが良すぎるのでもう少し書く。
バカゲーだと思っていたのに、シナリオが良かった。
伏線もさり気なく張ってある上に、シナリオでキャラクター性も表現できている。
エロも10シーン差別化してある上に質も高い。
こんなバカな設定のノーマル抜きゲーで良くここまで出来るな……。
ただこっちはやや尺が長すぎるシーンがあったのが気になったかも。
今更ではあるがレビューも書きたくなってきた。
残りのルートをやって決めるか。

と、言うわけでコンプしてみたが、沙織とサブ一人のルート以外は尺が短い。
尺が短いところは他のライターが書いたのかとも思ったが、
同じライターが手抜きしているだけかも。
半額とはいえ、抜けるのは1ルートのみでは高い買い物だった……
沙織ルートは良いのでそんなに悪い気分ではないが。
世間の評価は良いので、みんなHシーンの尺なんてあまり気にしていないのだろうか。
もしそうなら、レビュアーとしては、ちょっと考える必要があるかも。

つづいてセリカはさくっと終わらせて、euphoriaへ
実は某ラジオでラスボスをネタバレされてしまっていたのだが、
なかなか楽しめるシナリオだった。
ただ前半とtrueで話のテーマがズレている気がする。
一応どちらも自分の都合のいい解釈に逃げず、
現実を受け入れようという話だったかな?
エロもなかなかマニアックなシチュが多くてよかった。
というかスカトロに目覚めてしまったかも。
やめてくれよ……二次元とはいえもうこれ以上変態になりたくない……。
キャラクターはそれぞれ個性的でよかった。叶は特に好き。次点で合歓、梨花。
ただし,各要素自体は良くても、エロ、キャラ、シナリオの結びつきがちょっとダメだと思う。
まず、シナリオによって明らかになる個性的過ぎるキャラクター性が、
クリア後にエロ回想を使いにくくしている。
最近でた某低価格抜きゲーも
この話は全部主人公の都合のいい妄想だったんですよーとオチを付けて
エロを使いにくくしてくれた。
勿論このゲームのシナリオはそんなゴミではないのだが、
シナリオで明らかになる真実から、某キャラの回想はもう使えないかも…。
あとリンネシナリオは完全にキャラの魅力を殺している。
さらに後半のシナリオにハード陵辱を入れる必然性が無いものが多いため、
後半のシーンはコンセプトに反したノーマルHや女性上位が多いのが残念。
特に叶はシナリオ上ハードなシーンが4シーン程しかないのが残念極まりない。
というか一番ハードなシチュが体験版に収録されているとか……。
一番エロいシチュ(洗濯)は満足だったが。BADEDもいいね。
キャラとエロの結びつきとしては、明らかに卑語いわなそうなヒロイン達が
卑語言いまくるのもどうだったのか。
一応全員犯したくなるようなキャラクターをしているのはいいのだが、
クリア後にはその印象も変わっているかも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。