FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あま恋シロップス レビュー

あま恋シロップス 73
1、概要
発情をテーマにした萌えゲーよりの抜きゲー……というようなものを期待して僕は本作を購入したのだが、プレイしてみると萌えゲーとしても抜きゲーとしても中途半端なところがある印象だ。まず萌えゲーとしてはシナリオのボリュームが明らかに少なく、また恋愛描写も物足りない。一方で抜きゲーとしてみるとHシーンの数が、ひとりあたり8シーン(13HCG)*4人でボリュームが物足りない。とはいえHシーン自体の質は高く、エロにかなり力を入れていることは様々なこだわりから感じられる。ボリュームが足りないことを覚悟して、あくまで抜きゲーと購入するなら良作たりえる作品だろう。可愛い絵で濃いエロをやるというコンセプトを見事に達成している作品であるように思う。

2、萌えゲーとして見た場合
個別シナリオが短い。それに尽きる。共通ルートの構造も問題だ。共通シナリオの中にヒロインの選択イベントが挟まる形式なのだが、共通の終わりに主人公とヒロインがくっついてしまうのである。よってそこまでの積み重ねが足りていない。最初からヒロインは全員主人公に明らかな好意を示してはいるのだが、何故主人公がそのヒロインを選んだのかというところを短い選択イベントでは表現しきれていなかった印象だ。それでいて個別に入るとすぐイチャイチャし出すので、シナリオに乗れない。ヒロインの可愛さはそれなりに表現出来てはいるが、ただ可愛いヒロインを見たいのなら萌えアニメでも見れば良いのであって、萌えゲーならば恋愛等を上手く使ってプレイヤーを萌え狂わせて欲しいと思うのである。

3、抜きゲーとして見た場合
シーン数が少ないことは最初に述べた。しかしそれに目を瞑れば本作はなかなかの抜きゲーだと言えるのではないか。公式ページを一見すると、量産型の絵が可愛くてHシーンが多いだけの抜きゲーにも見える。発売前の宣伝でも、「こんなに可愛い絵で濃いエロが見れるんです!」といった感じで絵だけゲーなのかなあという感じもした。しかしながら、本作は絵以外の要素も抜きゲーとしての自覚とこだわりを持っていたように思う。

(1)シーンのエロ傾向
全体的な傾向として、発情がテーマなのでヒロインのエロさを強調するようなシーンが多い。具体的にはヒロインにエロく責められたり、誘い受けだったり、見せつけてくるようなシーンが多い。実は発情してHに及ぶシーンは全体の半分程しかないのでそれ目当ての人は注意。

(2)CG・演出
まず絵が可愛い。可愛いだけでなく表情もエロい。エロを盛り上げる差分をうまく使っていて、下着の濡れ差分、自分でおまんこを開く差分、足を開く差分、クリ攻め差分等こだわりを感じる。主人公の顔をCGに入れるのはやめてほしかった(全体で4枚程しかないが)。流行りのカットイン演出もあり、主人公の乳首にヒロインがしゃぶりつくカットインと舐めるカットインが両方用意されているのには乳首攻められ党員として感動した。また着衣Hにおいて服をはだけさせる差分が多い。

(3)シチュ
足コキ、電マ、オナホコキ、脇コキ等色々用意されている。そして、これが本作の最大の長所だと思うのだが、シチュの見せ方が工夫されていてうまい。例えば足コキのシーンでも、ただ足コキするのではなく、みんなとテスト勉強してる中こっそり机の下で足コキをする。それだけでなくシーンが進むと、まんじゅう様が術で服を透視させてくれて、ヒロインが巫女服に手を入れてオナニーしているのが見えるというオナニー足コキシチュに派生する。この相互オナニー的足コキシチュのエロさがたまらん。服透視によってヒロインの全裸が自分だけ見える背徳感もいいねえ。他にもオナニーシチュでただヒロインがオナニーするのでなく、主人公の足の間で胸を揉まれ、指をしゃぶりながらオナニーする。このときわざわざ最初はヒロインの足を閉じておいて、差分で開かせるこだわりがえらい! 更に例を挙げれば、手コキシチュでは主人公の乳首攻めを絡める、フェラシーンでは定番となった途中で他のヒロインが来てこっそりフェラするアレをやる等、シチュをエロく見せて飽きさせないための工夫が多い。ただし本番はやや単調なシーンが多い気もする。

(4)テキスト
とりあえず卑語が多く、おまんこがきゅんきゅんするだの子宮が精液欲しがってるだのといったセリフが多いので満足。

(5)日常シーンとHのカンケイ
これはダメ。発情ゲーなのに、次はこのヒロインが発情する番だな的ノリで書かれたような、脈絡のないHシーンが多い。ひとつだけ、主人公が射精した精液でパンツを汚されたまま一日接客や日常を過ごすという神シチュはあった。こういう日常からエロい気分になれるような描写をもっと増やして欲しい。

(6)総評
絵やテキストが突出してエロい訳ではないが、各要素のこだわりと工夫でエロいシーンが出来上がっている。ボリュームさえあれば手放しで褒められたのに……。4人ヒロインならせめて10シーン欲しかった。

4、その他
ハーレムはないよ。サブはこころと小夜の3Pが1シーンだけ。
鈴のシナリオは短すぎて評価出来ないものの、もし長ければハートウォーミングロリ妹シナリオの傑作だったと思う。次のCUBE作品はこのライターをメインにしてくれ。もうひとりのライターは会話やシナリオが理屈っぽすぎるというか説明的すぎるというか、もっと萌えゲーなんだからヒロインの感情を前面に出したシナリオを書いてくれ。
個別感想を書くと、鈴は良シナリオで兄妹の絆と日常を描きながら、そこからの可愛さや小悪魔さが出ていて非常にエロい。つゆりは幼馴染のぽわっとした空気から、発情すると女に変貌するのがエロい。穂積は例の足コキとオナニーがあるだけで満足。アンはなんかコンセプトが曖昧でいまいちエロくなかった。

ErogameScape -エロゲー批評空間-  登録

ああ遂に登録してしまった。
勇気を出してひろいん氏にメールさせて頂きました。
これで電子の孤島だったブログもバイバイです。

とり急ぎ全てのレビューを見直すか。
改行関連のクソさと、見出しの適当さはいつか直す。
多分。

カウンターが6だったらあなたがひろいん氏に次ぐ
第二の訪問者です。おめでとう!

汐見崎学園演劇部 恋ぷれ ~あなたといちゃいちゃろーるぷれいんぐ!~ レビュー

恋ぷれ 75
2010年Meteorが発売した萌えゲーです。
3ヒロインなのにフルプライスというアレなゲームです。
後にPrincess-Styleという地雷を制作してしまうMeteorの
危うさの片鱗を見せるようなゲームです。
長くてつまらん共通ルート、不評の妹ここあルート、
賛否両論の部長瀬那ルート、大好評のメイド鮎香さんルートで
構成されています。
タイトルどおり鮎香さんにはイチャラブを期待していいと思われます。
また、鮎香さんはさいろーなのでエロも当然完備しています。
同級生メイドという属性に惹かれたならプレイして
損はないかと思われます。

1CG システム
CGは79枚、少ないですね。質も妹を書いた方は結構悪いです。
逆に桜沢いづみさんはなかなか素晴らしいです。
システムはクリック時音声続行不可が痛いです。

2各ルートレビュー
共通
これを体験板にして売れると思ったんでしょうか。
さいろーが書いている部分はマシですが、他は酷いです。
まず主人公の心理描写が少ないくせに、不自然な行動を
するのがイライラします。
またプレイヤーが疑問に思うだろうプロットの不自然な部分を
ほとんど無視していきます。
はっきりいって文章力が低いです。
親友キャラがホモだというのも誰が得をするのでしょうか。

ここあルート
共通ルートの問題点を引きずっています。
しかも萌えません。
はっきりいってライターの実力不足でしょう。
恋ぷれという題材の料理に失敗しています。

瀬那ルート
賛否両論のルートです。
私はあまり楽しめなかったのですが、
イチャラブバカップル分は結構あるので、
肯定派のことも理解できます。
ややシナリオが強引だったかと。
とある理由でいきなりくっついてしまうのですが
もう少し仲良くなっていく過程が見たかったです。


鮎香ルート
このルートの恐ろしさを解説する前に、
まず恋ぷれとは何か説明しておきます。
恋ぷれとは、演劇の練習という口実で、主人公とヒロインが
ラブ脚本の通りに日常を過ごすというものです。
この設定にユーザーは
「よし!これで付き合う前も後もイチャラブできるな俺得!」
ぐらいのことを思っていたでしょうが、結局その通りにやってくれたのは
このルートだけでした。(部長ルートの部長は付き合う前は
演技で恋ぷれをこなしてしまうため)

さて共通ルートでは寮ではクールなメイド、学校では
明るいクラスメイトな鮎香さんと、新婚恋ぷれをすることになります。
この過程で鮎香さんと仲良くなっていき、誰もいない砂浜で、
主人公はメイドでも、演技でもない本当の鮎香さんを垣間見ます。

個別ルートに入ると素直になれない幼馴染のふたりという恋ぷれを
演じることになります。
その過程で主人公は鮎香さんの素顔を知り、擬似恋愛はいつの間にか
本当の恋愛に変わっていく……という設定から必然的に導き出される
プロットなのですが、これの出来がかなり良く、ニヤニヤしっぱなしで
見ることができます。そしてあるイベントから怒涛のHシーン&イチャラブに
突入します。
そして、仕事と恋の両立に悩む鮎香さん、果たして鮎香さんの出した結論とは?


恋人になった途端ダメ&エロになる鮎香さんが可愛いです。
ギャップ萌えの勝利ですね。

3Hシーン
瀬那、ここあ、鮎香 6、5、6です
鮎香さんのHCGは13枚!しかも表情の書き方がエロいです。
しかも受けシチュ好きを満足させる、甘々手コキ責めと
髪をセットしながらのおざなりフェラ搭載。
特に後者はおざなり属性という新たな属性に目覚めさせられました。
攻めシチュ的にはクリア後のおまけHシーンは
個人的には萌えゲーの中では最高クラスのエロさと独創性でした。
エロの傾向はいつものさいろーです。
ってこれじゃレビューになってないか。
ハチミツの方ははダメゲーなのでこれで済ませてしまいましたが、
さいろーを知らない人は下の考察をお読みください。
なお今回アナルSEXはありません。かわりにフェラが多いです。

4あとがき

シナリオ考察
ハチミツ乙女と連続でやったらさいろーのシナリオ傾向が少しわかりました。
主人公と違う価値観、世界観を持った少女に惹かれていき
そして最後に主人公がどう変わるのか…というのがテンプレートですね。
(例えば穂波 ななみ 小波 等 …全部なみだな……)
今回のオチはそう考えるとなかなかおもしろいと思えました。

しかしそう考えるとほなにーが最強ということになってしまうような……
あれはお互いの価値観の変化と惹かれ合っていく様子がよく書かれていましたから。
まあほなにーはシナリオが長いのもあります。
わたしがやっていないさいろーゲーも多いですしなんともいえません。
特に今度さいろーが企画に入っているゲームが出るようなので、
それに期待したいです。

Hシーン考察
さいろーのHシーンは女の子が異常にエロいのが特徴で
以下の3種のシチュが多いです。

1前戯
特に処女時のフェラ、手コキなどが多い印象があります。
ここでおちんちんかわいいなどヒロインが発言したりして、
ヒロインのエロさが印象づけられます。エロいです。

2受けシチュ
エロいヒロインが主人公をフェラ、手コキで攻めてきます。
言葉責めをしてきてMも歓喜します。
このあと逆襲でイカセまくるのが多いのが、我々と相容れないところです。

3アナルSEX 本番
特にアナルが多いです。
後半にエロさが最高潮に達したヒロインと絶頂しまくります。
最後の方には、ヒロインが乱れすぎてエロエロ過ぎて1週しちゃった
ようなことを口走るのが特徴です。卑語も多いです。

こうしてみると、女の子がエロいところと2で、みけたんに少し似ていますね
余談ですがさいろーの「つーん」が大好きです。今作にもおまけHにあります。

さいろーを語ってみましたがわたしのプレイしたのは
ゆのはな しろくま ドラクリオット ハチミツ乙女 恋ぷれ
のみです。あとにゃー様も読みました。
やってないので有名なのはクロポ、カミカゼ、のーぶるあたりでしょうか。
あとはさいろーのエロ小説群も読まなければなりません。


ハチミツ乙女blossomdays レビュー

ハチミツ乙女blossomdays 70
2009年に発売された萌えげーです。
と、思ったらインストール容量1GBだと……
ちなみにフルプライスです。2009年……?
エロスケでの中央値は59点です。
まあ別にさいろーにしか期待していないのでいいです。
中古1200円で買えましたし。
でも一応さいろー以外にも1ルートやってみました。
全体的には、小波ルートは80点以上の出来ですが、
少なくとも有希ルートは40点以下、他のルートも
おそらく大して変わらない出来でしょう。
よってさいろーの信者、またはミヤスリサの信者以外には
おすすめできません。


有希ルート
退屈すぎる共通を抜け、退屈すぎる個別のオチに
まさかこんなクソ展開がまっていようとは……
主人公が鈍感すぎるとかキャラがテンプレとか
ギャグがないとか、どこかで見たような展開ばかりとか
そんなことがどうでもよくなるかもしれないぐらいには
ラストの展開が酷いです。
やらないほうがいいと思います。
私が書いたほうがマシといっても怒られないくらいの出来でした。
唯一の良い所は短いことです。

小波ルート
というわけでさっさとさいろー担当分をやることにしました。
流石にこのルートはテキストのレベルが高いです。
主人公と小波の仲が深まっていくのが自然に語られつつ、
そこに狂ったギャグエロ展開を差し込むことで物語に起伏を持たせています。
小波自身もかなり可愛く描かれていて、しかもエロいです。
オチも無難に自然に心が温まるような展開をチョイスしてくれました。
プレイしていると小波が可愛くてニヤニヤが止まらなくてヤバイです。
1ゲームにいるかいないかの後輩キャラ需要を満たしてくれる、
良質な出来でした。
唯一の欠点は短いことです。

エロはいつものさいろーといった感じですが、やや尺が短いのが痛いです。
ただ萌えゲーなのになかなかエロく書かれたCGも相まってエロエロに
仕上がっています。

CV雪都さお梨がヤバイです。
この萌声でこの演技力は反則でしょう。
明らかに純愛ゲーの息使いではありません。
テキストでの「あ」が「あ゛」になっています。
さいろーのムチャぶりテキストをこうも演じきるとは…。。
ゲームの出来からみてまともな演技指導が入っているとも考えづらいのにです。

シチュはフェラ偏重、最後にアナルもあるよといった感じです。
HCG 8 シーン数は5です。
なぜか小波が男性器をちんぽこと呼ぶのが特徴です。
小波はまじエロいです。アナルも自前で開発しておいてくれます。
やや射精数が少ないのが難点です。


あとがき
ほかのルートはやっていません。
さいろー分は補給できたし、エロも結構お世話になれそうだし、
2週目も短いので気楽にできそうなので、まあ満足できました。
エロに受けシチュがなかったのは残念です。
にゃー様なんて書いておいて、4回ものHシーンで受けシチュを欠かすとは
さいろーも酷いです。
しろくまのななみには2シーンしかなかったのにきっちり入れてくれたのに…

妹スマイル 75

妹スマイル 75
しとろんソフトが2009年に発売したALL妹ゲー妹スマイルのレビューです。
なんとこのたび、次々回作妹スパイラルが発表されました。
やったーーーーーーーーーーーーーーーー
75点のゲームに何喜んでるんだと思うかもしれませんが、
原画が違う次回作妹スタイルは85点つけてもいいくらいの作品です。
しかし、今回は妹スマイルのレビューを行います。
このゲームは突然生き別れの初対面妹が訪ねてくるという設定の
個性的な構成のゲームです(詳しくは後述)。
ルート毎に出来の差があるものの、妹との幸せ家族生活を
萌え萌えに描いた良作です。Hシーンも多いです。
イチャラブバカップル好きならおすすめです。


1原画 システム 音楽
雛祭さんの原画は安定しないイメージがあるもののなかなか可愛いです。
女原画らしく、ち◯ぽがうまく書けていないのも萌えです。
システムはクリック時ボイス続行がないのが悲しいです
クイックロード時に確認がないのも酷いです
後者は妹スタでも直っていないようです……
音楽は主題歌がいいですね。BGMは普通です。

2構造
良くも悪くもこのゲームを特徴付けているのがルート構造です。
ゲームが始まって3分で、ルート決定選択肢が出ます
3分の間に主人公は妹達と路上ですれ違うのみです
そして、選択すると、選択した妹が訪ねてきて、
他の妹はいなかったことになります。
それどころか、主人公の設定もルートによって変わります
一種のオムニバスでしょうか……
さらに選択肢は他には中外出し以外には一切でてきません。
ついでにいうなら名前付きのサブキャラは一切いません。
Hシーンはひとり9、10シーンです。

さて、以上のことをまとめると、このゲームには
主人公と選択された妹以外のキャラは一切出てこないのだから
ライターは
主人公のモノローグ
妹視点時のモノローグ
主人公と妹の会話
モブとの会話
の4つのことしか書くことができません
またHシーンが多いため物語序盤で主人公と妹は
結ばれなければなりません
しかし基本的に主人公と妹は初対面なわけですから
序盤からHするわけがないし、したとしても
その後の物語はどうするのかという問題があります
はい、ライター死んだ(笑)
6人もこの状況で書かなければならないとは……
さて二人のライター達はこの逆境をどう乗り越えたのか?
個別に見ていきましょう

3ルート別シナリオ
今作はルート毎の差が激しいのでアルファベットで
簡易的な個別評価を行います。Aのほうが高評価です

1春菜ルート E 正統派おとなし不幸妹
まず上記の問題を何も考えずに書いたらどうなるか
みてみましょう。
このルートがまさにそれで、結ばれるまでの過程は
まあ許すとしても、そのあと4コマ漫画のような
ブツ切りの日常シーンとHシーンを垂れ流し、
最後にはとってつけすぎて、( ゚д゚)ポカーンなオチで〆る。
主人公にも違和感があるし、これははっきりダメでしょう。
みなさんはやらなくてもいいと思います。

2冬霞ルート C お兄さま系おしとやかお嬢様妹
こちらは同じライターのようですが、なかなか良いです。
まず私実はHなの展開でHしちゃって、そのあとの日常描写も
兄妹の絆がだんだん深まっていくような方向性を保ちつつ、
まったりした日常描写とワンパターンなHシーンを続け、
最後には王道オチで家族で恋人な絆を表現してみる。
ちょっとキャラがテンプレ気味なのは残念ですが、
お兄様系が好きならば萌えられるかと。

多分ここからライターが変わります。
残りの4妹を書いた海原氏は前作「みここ」のジャンル名
「いちゃいちゃしてるまに奇跡が起こっちゃうADV」
に象徴されるように、ギャグとイチャラブに満ちた日常描写で
主人公とヒロインの関係の変化を描きつつ、それを
テーマにしてシナリオに仕立てちゃうのが得意なライターです。
つまり春菜ルートのような( ゚д゚)ポカーンな誰得無駄シリアスオチとは
無縁というわけです。
ちなみに今作は「お兄ちゃんが妹を幸せにしちゃうADV」ですが、
その通り生き別れになった妹と主人公が最初はお互い馬が合わなくても
あれこれありながらお互いにとって最良の関係を見つけ、
家族で恋人になって妹を幸せにしちゃうのはどのルートも変わりません。
「妹」という関係自体が今作のテーマなわけです。

3暦ルート C 電波系ミステリアス妹
とはいえこのルートはちょっと。なんで主人公とすぐHするのかという
構造上の問題を2で語りましたね。
答え → 前世で兄妹で恋人だったから
えええええええええええええええ
スタッフの過去作、どこいつの同名キャラの来世なわけですが、
やってねーよ!
別にわからなくても問題無いように作ってありますが、
気になって海原テキストの機微を見落として意味不明に
なりました。
オカルトネタは多いが投げっぱなしなのも辛いです。
テーマはあったようななかったような……

4詩季ルート 微ツンオタ金髪妹 B
遂にHシーンまでの過程が適当なキャラが出てしまいました。
詩季が主人公のことを好きになる過程が描けていません。
主人公と詩季が仲良くなっていくのが主人公のオタ化という
ものすごい分かりやすさで語られているのはグッドです。
最後のオチも綺麗にまとまっています。
ツンオタ妹とぬるくだんだん仲良くなりながらオタにはまっていき
パロネタだらけの会話を繰り広げたい!という人におすすめ。
最初は他人だった妹と気安くオタオタしているのは、なかなか
ギャップがあってよろしいです。
それにしても満足さんネタが来るとは……
前作で押しかけ厨ネタが来た時くらい驚いた

5秋穂ルート ロリエロ元気バカマセ妹 A
構造が問題ならその構造自体を変える!
というわけでこのルートの兄妹はわりと最近までいっしょにいたので
好感度MAX、それどころか当時はHの直前までいっています。
これで問題も解決で初H後はみここのようなバカギャグイチャラブが
てんこもりです。そのなかで、兄妹の家族のやり直しと、秋穂の成長、
二人の関係の変化が語られていきます。
妹としても、恋人としても(ロリ的に)バカ可愛いキャラです。
以外に頭がいいのも萌えです。理科の成績が98点なあたり、
ライターは頭のいいバカを狙ってやっているのでしょうね。
流石です。

6夏希ルート バカツンデレお嬢様妹 S
この構造を逆用してシナリオギミックとして消化してくれる妹が遂に現れました。
初Hの理由はちょっと無理やりな感もないではないですが、
シナリオとして面白いので良しです。
そのあと二人の関係があれこれありながら縮まっていて
家族そして恋人になる過程がギャグ混じりに鮮やかに描かれています
そして、その後はイチャイチャバカップル炸裂!
萌え死にます。
そしてラストに兄妹は◯◯と対決することになるのだが……
良いオチの付け方ですね。
シナリオ、良いですね、序盤、中盤、終盤隙がないと思います。
でもイチャラブ分やギャグ分も負けていません。
文句のつけようのない出来で、これぞ海原といったところです。

全てのルートで主人公と初対面の妹が(秋穂以外)家族になって、
最後に最高に幸せになる、心温まるお話です。
妹が好きな人はやらなきゃ損ですよ


4Hシーン
合計57シーンもあるんだから語りますか。
海原側はキャラに萌えれば十分抜けますが、尺がやや短いのと、
キャラ間のHシーンの差別化ができていないのが気になります。
シチュも妹間で被りまくっているのが残念です。
もっといえばキャラ単位で見てもあんまり差別化できていませんが。
萌えゲーとしては標準的なテキストかと思います。
たまにネタが入ります。

5あとがき
発売後しとろんソフトは解散、その後妹スタイルが作られますがこれは
A E S A B
くらいの出来で平均的には今作を遥に上回りました。
妹スパイラルはALL A以上くらいでしょうか。いまから楽しみです。
とはいえ今作もなかなかです。体験版をやって夏希を好きになったのならやって
損はないでしょう。推奨攻略順は出来の悪い順です。私が美味しい物を最後に残すのが
好きなだけですが。ただし春菜はやらなくていいかと。
インストールに5.1GB必要なので注意しましょう。
あとディスクレス不可。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。